印鑑の種類/印鑑・はんこのお役立ち情報が満載!【印鑑・はんこ 購入ガイド】

印鑑・はんこ 購入ガイド


▼ 印鑑・はんこ 購入ガイド
ハンコのお役立ち情報

  印鑑の種類
  印鑑の重要性
  はんこを紛失したとき
  はんこお手入れ
  実印とは
  実印の変更について
  ゴム印の種類
  オリジナルゴム印について
  シャチハタの種類
  オリジナルシャチハタとは
  チタン印鑑とは?
  チタン印鑑を選ぶ理由
  表札の種類
  表札の書体

当サイトはヤフー登録サイトです
YAHOO登録サイト
当サイトは
ヤフーカテゴリ登録サイトです。

商品別専門店はこちらから!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  印鑑
  印鑑・シャチハタ
  印鑑・はんこ情報
  ゴム印
  チタン印鑑
  水晶印鑑
  象牙印鑑

 印鑑・はんこ 購入ガイド > 印鑑の重要さ

                 印鑑の重要さについて                  

印鑑は、あなたの暮らしの安心を支える、大切なもの。
では、どうしてはんこは、私たちの暮らしにおいて、「大切なもの」なのでしょうか?

このコーナーでは、どうしてはんこが重要なのか、万が一のときには
どういったことになるのか、わかりやすくご説明させていただきたいと思います。

■ 印鑑の重要性について

ハンコは、いわばあなたの「分身」となるもの。
あなたのハンコを押す、ということは、その書類の内容を、
”あなたが認めた”ことになるのです。
あとで後悔しても一度ハンコを押してしまうと取り消すことができません。

特に実印は、人生の節目(ふしめ)となるような、重要な契約時に押すことが多く、
一歩間違うと、あなたの大切な財産をすべて失ってしまう、なんてことになりかねません。
このため実印を押すときには、必ずその書類の内容にしっかりと目を通し、
よく理解し納得したうえで、ハンコを押すようにしましょう。
自分で目も通さず、その内容を確認していないような書類に対しては、
絶対にハンコを押してはいけません。

また、特に実印や銀行印といった登録印は、偽造・悪用されると
大きな金銭的被害を被ることが多くあります。
そのため、実印や銀行印は、紛失や盗難に遭わないように、
特に注意して保管するように心掛けてください。
特に近年、紛失や印影の漏洩から実印や銀行印が偽造・悪用に結びつく
事件が頻繁に起こっていますので、紛失はもちろんのこと、
ハンコの印影が他人に漏洩しないようにする、これも徹底してご注意してください。

また偽造を防ぐため、実印や銀行印などの登録印は、
必要最低限の書類のみに押印することを厳守してください。
印影の漏洩を防ぐためには、このことをどうかご徹底ください。

稀に、銀行印を認め印として兼用している方がいらっしゃいますが、
これはあなたの大切な金銭を管理する、重要な銀行印の印影を、たくさんの第三者の
目に触れさせることになり、銀行印の偽造の観点から、あなたの財産を失う事件に
巻き込まれる危険性があるため、絶対にやめましょう。
もちろん、自分の分身といえる実印についても同様ですので、
実印をなつ印するのは必要な書類のみとし、決してむやみに押してはいけません。

● えっ?!100円のハンコが銀行印?−既製印の恐さ−

銀行によっては、100円ショップなどで市販されている既製印
(彫刻した状態で販売されているハンコ)でも、銀行印として登録してしまうことがあります。
また、急場しのぎ的に、100円ショップへ駆け込み、それで銀行印登録を済ましてしまう、
そんな場合もあるかもしれません。

残念ながらこのケースは、実は非常に危険なケースなのです。
なぜなら、既製印というものは、本来は銀行印などの登録印としてではなく
その場しのぎの認め印として使用するべきものであるからです。

その理由は、お店のタワーに並んでいる既製印を見ていただければおわかりいただけます。
既製印は、同じ苗字であれば、すべて同じ印影(=同型印といいます)になっています。
既製印が安価なのは、同じ印影のハンコ(=同型印)を何万本と大量に生産し
販売しているため、百円〜数百円といった、非常に安価な価格で販売できるのです。
このことから、既製印というものは、上述のとおりあくまで急場しのぎの認め印として
利用するものであって、本来はハンコとしての意味がない、ということは、
ご理解いただけると思います。

既製印は100円ショップなどであまりに簡単に、そして手軽に手に入るため、
安易に銀行印などの登録印として利用されてしまっているのです。
これは既製印を販売する側の責任が大きいと思います。

ご注文をいただいてから、ひとつひとつ、印影が異なるように手作業で作られたような、
あなただけのためのはんこ、本来のハンコとしての意味を持つはんこであれば、
既製印のような百円〜数百円といった価格で販売することは、まず不可能です。

既製印を使用していたために、あなたの大切な財産をすべて失ってしまったり、
思わぬ金銭トラブルに巻き込まれてしまう−。そんなことにならないために、
既製印は、同じ印影の同型印がこの世にたくさん出回り、いつ悪用されるかわからない、
ということを認識し、間違っても登録印には絶対に使用しないようにしましょう。

⇒ 知っ得!【ハンコの種類 001】 安全・安心!手彫り仕上げ 印について

あなたのかけがえのない財産。

その大切な財産を守る、実印や銀行印には、熟練職人の手書き文字と
手彫り仕上げで、あなたのためだけに作られた、「手彫り仕上げ 印鑑」 をお薦めさせて
いただきます。

「手彫り仕上げ 印」とは、あなただけのために丹念に作られた、
安心してお使いいただける、唯一無二のオリジナル はんこ。
たとえ同姓同名であっても、二つと同じ印影のハンコはできません。

「あなたがあなたであること」を証明する実印や銀行印には、
まさに最適なはんこといえるでしょう。

このようにして作られた実印や銀行印などのハンコは、
「あなたの財産が、あなたのものであること」をはっきりと示す、
まさに”本人の証し”となり、あなたの大切な財産をしっかりと守ってくれます。

職人によって精魂込めて作られた、あなただけの実印・銀行印。
当店の手彫り仕上げ 印なら、偽造の心配もなく、ご安心してご使用いただけます!

印鑑の専門店 ハンコズ・ドット・コム
実印(手彫り仕上げ) のページへ
銀行印(手彫り仕上げ) のページへ


印鑑の重要さ 【印鑑・はんこ 購入ガイド】
▼ 印鑑の専門店の商品別専門店です!どの商品も、メーカー直販ならではのディスカウント価格でご提供しております!▼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印鑑印鑑・シャチハタ印鑑・はんこゴム印チタン印鑑水晶印鑑象牙印鑑実印シャチハタ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・