チタン印鑑とは?/印鑑・はんこの役立ち情報満載!<印鑑はんこ購入ガイド>

印鑑はんこ購入ガイド

印鑑はんこ購入ガイド
はんこサイトメニュー:

印鑑の種類
印鑑の重要性
はんこを紛失したとき
はんこお手入れ
実印とは
実印の変更について
ゴム印の種類
オリジナルゴム印について
シャチハタの種類
オリジナルシャチハタについて
チタン印鑑とは?
チタン印鑑を選ぶ理由
表札の種類
表札の書体


印鑑・はんこ・実印
印鑑・はんこ・実印
 

 印鑑はんこ購入ガイド TOP > チタン印鑑とは?

チタン印鑑とは?

■ チタン印鑑とは?


チタン印鑑とは、錆びにくく、熱にも強い超金属、チタン製の印鑑です。
当店のチタン印鑑は、純度99.9%以上の純チタンを使用。
だから従来の印鑑の欠点だった、「欠ける」・「摩耗する」ということがなく、
半永久的に同じ印影を保つことのできる、まさに「一生モノ」として最適な印鑑、
それがチタン印鑑です。

このチタン印鑑は粒子が超微粒なため、表面が滑らかで、朱肉のノリも均一。
捺印時の「曲がり」がなく、印面がピタリ、と紙面に密着します。
朱肉離れもよく、チタン印鑑ならではの、より鮮明で美しい印影を残すことができます。

チタン印鑑はこのように、鮮明で美しい印影を半永久的に保つことのできる、
まさに「印鑑の理想形」と呼ぶにふさわしい印鑑なのです。

⇒ チタン印鑑 の販売ページを見る

⇒知っ得!028 当店のチタン印鑑は、神戸製鋼製の純チタンを使用しています。
当社のチタン印鑑には、純度99.9%以上の、神戸製鋼 製のチタンを使用しております。
神戸製鋼は、「軽くて強い」という超金属チタンの性質に着目し、
1949年、日本で初めてチタンの研究開発に着手しました。
以来、チタンの国内トップメーカーとして、各業界からの高い信頼を得ています。

⇒知っ得!029 超金属・チタンの特性について
チタンの比重は、ちょうど鉄とアルミの中間に位置し、金属では比較的軽い金属です。
ただその比重のわりに非常に強度が高く、とくにチタン合金(純度99.5%未満のチタン)は
実用金属のなかでも最大クラスの比強度をもっています。
チタンの純度については、JIS規格でJIS1種からJIS4種までを「純チタン」と呼び、
純度99.9%〜純度99.5%がそれにあたります。
当店のチタン印鑑は、上記のとおり、純度99.9%(JIS1種)以上の神戸製鋼製の
「純チタン」を使用いたしております。
※含有量99.5%未満のものは「チタン合金」と呼ばれ、より強度を高めるために、
さまざまな種類のチタン合金が開発されています。


●チタン印鑑の種類


チタン印鑑は、実印・銀行印・認め印といった個人チタン印鑑のほか、
会社実印・銀行印・角印といった法人チタン印鑑も、
よりリーズナブルな価格でご用意しております。
また、チタン印鑑の上下を示す部分(=「当たり」といいます)に、
パワーストーンとして人気の高い、神秘的なメノウ石を埋め込んだ、
貴石付きタイプのチタン印鑑もご用意いたしました。

チタン印鑑に埋め込まれたメノウ石を目印に捺印すれば、
わざわざチタン印鑑の捺印時に印面を確認しなくても、
チタン印鑑の上下を間違えることなく、スムーズに捺印ができます。
洗練されたそのデザインだけでなく、とても機能的なチタン印鑑といえます。

⇒知っ得!030 貴石付きチタン印鑑のメノウ石の種類について

当店の貴石付きチタン印鑑 は、下の3種のメノウ石より、
お好きな色をお選びいただけます。

パワーストーンとしても大人気!
天然メノウ石には、こんな効力があるといわれています!
●グリーンアゲード
(緑めのう)
●安心を与え、緊張を緩和し、希望を持たせる
●健康をもたらす
●レッドアゲード
(赤めのう)
●勇気と行動力を与える
●深い絆で結びつける
●ブラックオニキス
(黒めのう)
●マイナスをプラスに変換し、精神を安定させる
●集中力・運動能力を向上させる

メノウ石のワンポイントがとってもおしゃれな、当店の貴石付きチタン印鑑。
どうぞあなたのお好きなカラーでお作りください。

⇒ 貴石付きチタン印鑑 の販売ページへ


チタン印鑑とは?/印鑑・はんこの役立ち情報満載!<印鑑はんこ購入ガイド>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
グループサイト ⇒ |印鑑印鑑・シャチハタ印鑑・はんこゴム印チタン印鑑水晶印鑑象牙印鑑実印シャチハタ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・